犬の歯科治療は動物病院で行われますか?

私たちの専門家の答え
質問があります

歯科治療は「獣医師」がおこなう しかし犬の場合は、動物病院で獣医師によって歯科治療が行われています。 獣医師が大学で学ぶのは獣医学で、大学を卒業後研修医として大学病院などで研修医や勤務医として臨床経験を積むのが一般的です。 . そのため、動物病院で行われる歯科治療には限界があると言っても過言ではないのです。 15 авг. 2020 г.


歯科治療は動物病院で行われますか?

歯科治療を専門にうたった動物病院であっても、外科治療・内科治療・歯科治療、全てが同じ診察室の同じ治療台の上で行われます。 歯の神経が露出されるデリケートな処置を行う現場を、他の病気や菌を持った患者が共有するという事は、無菌の手術室に消毒をせずに立ち入る事と全く同じ事です。

犬の歯科治療の選択肢はどれですか?

そのため、人間の歯科治療に比べて、犬の歯科治療の現場では治療方法の選択肢が極めて限られてしまう事になります。. 例えば、CR充填などの修復処置、抜髄や感染根管治療などの歯内治療、スケーリングやSRPなどの歯周処置、どれも人間の歯科治療では基本的な治療の領域ですが、犬に対してこれらの処置が適切に施される動物病院は皆無と言っても過言ではありません。. そのため、一つ目の問題点で取り上げたようにほぼ全ての症状について『抜歯』という処置に辿り着いてしまう現状が作られているのです。.

犬が虫歯や歯周病を発症し、動物病院に連れて行くと歯を抜くことができますか?

犬が虫歯や歯周病を発症し、動物病院に連れて行くと獣医師に歯を抜くことを勧められた経験がある方も多いのではないでしょうか。 一般的な動物病院には、歯科治療専門の機材や設備がありません。 また、獣医師にも歯科治療の知識や経験がないため、人間の歯科治療では簡単に治せる歯でも、犬の場合は全身麻酔での抜歯を選択することになってしまうのです。 一般的な動物病院では、歯科治療を行わないケースが多くあります。 しかし、近年犬のオーラルケアが注目され、歯垢除去は多くの動物病院で行われるようになってきています。 歯垢除去は、全身麻酔が必要だと多くの飼い主が不安に思っているようですが、最近では無麻酔で歯垢除去を行う動物病院も増えてきています。

犬の歯科医院は、日本初の犬歯科医院でしたか?

この度、OCEAN’S GROUPによる日本初の犬の歯科医院というプロジェクトを立ち上げる過程で、歯科医や歯科医療の研究を専門とする大学教授など、数多くの歯のプロフェッショナルと、OCEAN’S GROUP提携の獣医との間で、幾多の情報交換と臨床を行った結果、歯科医・獣医、双方の歯科医療に対する認識に、あまりに大きなギャップがある事が判明し、結果的には獣医サイドの歯科的な知識の乏しさが露呈される事となりました。 この事実は、残念ながらOCEAN’S GROUPと長らく提携してきた動物病院の獣医にとっても同じ状況でした。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

犬の歯科治療の選択肢はどれですか?

犬の歯は抜け変わりますか?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 犬 避妊手術 いつからできる?
  • メス犬が初めて発情を起こすのは生後7ヶ月を過ぎてからなので、その1~2ヶ月前後が避妊手術でも適しています。 1 апр. 2020 г.


    犬の避妊手術はいつまでできる?

    去勢・避妊手術を行 (...)


  • 犬の予防接種は何歳までやるの?
  • シニア期になると、これまで継続してきた4大予防(①狂犬病予防接種、②ワクチン接種、③フィラリア予防、④ノミ・ダニ予防をやめてしまう飼主様も出てきます。


    犬のワクチン接種は何歳まで受けるのか? (...)


  • 犬 何回も吐こうとする?
  • 犬が何回も吐く場合に疑われる消化器系の病気として、以下が考えられます。 胃の炎症、腫瘍、胃潰瘍、胃が捻じれる胃捻転、胃の出口が狭くなる幽門部の狭窄。 19 янв. 2022 г.


    犬が何回も吐 (...)


  • 犬が何でも食べてしまう?
  • 犬が、食べ物ではないものまで何でも食べてしまうことを、「異食症」や「異嗜症」と呼んでいます。 理由は様々です。 . 退屈しのぎや興味本位で色々なものを口にしてしまう場合には、犬の口が届く所に何もないよ (...)


  • 犬はなぜ吠えるのですか?
  • 犬はとても警戒心が強く、縄張り意識が高い動物です。 自分に近づいてくるものや、初めて見たものに対して、恐怖心や警戒心が働き吠えてしまいます。 また犬は、自分の縄張りに入ってきたものに対し、本能で吠え (...)


コメントコメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

Email us