年寄り めまい 何科?

私たちの専門家の答え
質問があります

若い人に比べて脳の働きも弱いため、めまいの治りが悪く、一度治ってもまた繰り返すことが多いといわれています。 高齢者のめまいは脳梗塞など脳循環障害の前兆である場合も考えられるので、耳鼻科だけでなく、脳外科や神経内科、循環器科、一般内科の専門医にも相談しながら根気強く治す必要があります。 2 мая 2010 г.


めまいは何科を受診?

めまいの原因は様々で、内科、耳鼻科、脳神経外科など色々な科が関わります。 しかし、受診前に原因を特定するのは難しいので、わからなければまずはかかりつけ医か内科へ受診するのがおすすめです。 身体の動きに問題がなく、耳鳴りや聞こえが悪いなどの症状がある場合は耳鼻科が良いと思われます。

高齢者のめまい 何が原因?

高齢者は神経系が老化によって変性していくため、平衡感覚の情報処理がうまくできなかったり、血圧を調節する機能が衰えることで、脳幹や視床部分、大脳皮質などに酸素や栄養が十分に行き渡らなくなり、めまいを起こしやすくなっています。 また、暑さによる脱水症状から起こるめまいもあるため、注意が必要。

めまい 立ちくらみ 何科?

神経内科 脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの脳の病気によってめまい症状が現れることがあります。 めまいに加え、頭痛、手足の痺れ、ふらつきなどの症状が認められる場合には、神経内科を受診するとよいでしょう。

軽いめまいが続く 何科?

耳鼻いんこう科、脳神経内科、脳神経外科の受診をおすすめします。

以下は、同様のトピックに関する2つの役立つ記事です。 👇

高齢者 なぜふらつく?

安定剤は何科?

ビデオの答えを探すのにうんざりしていませんか?

答えは近いです 👇

この記事は役に立ちましたか?

はい 番号

フィードバックありがとうございます!

他に質問がありますか? リクエストを送信する

24時間でFAQ

  • 骨密度検査 何歳まで?
  • 男性は寝たきりが長かったり、胃腸・腎臓障害などがなければ、70代までは測定の必要はありません。 男女とも70代以降は2年おきくらいに測定するのが望ましいでしょう。


    骨密度検査は何 (...)


  • 医療費控除は何年前までさかのぼって請求できますか?
  • 医療費控除の申告は過去5年分までOK. 確定申告の期限は翌年の原則3月15日まで(例:2018年分の医療費控除の確定申告は2019年3月15日まで)ですが、還付金の申告ができる期間は該当の医療費を使った翌年の1月1日か (...)


  • 尿検査 健康診断 いつ?
  • 採尿に適した時間は、健康診断を受ける時間によっても異なります。 午前中に健診を受ける場合は起床後最初の尿を、午後に健診を受ける場合は来院直後の尿を採取するのがよいです。 採尿は自宅で行うようにあらか (...)


  • アレルギー検査 最大何項目?
  • View39検査 「View39検査」は、特異的IgE抗体検査の1つで、本来は13項目までしか検査のできない健康保険の範囲で、39項目のアレルギーを調べることができます。 39項目は、アレルギーの原因として多いものや重要 (...)


  • 古馬って何歳から?
  • 4歳以上の馬を総称して「古馬(こば、ふるうま)」と表現する。 明け4歳が人間で言う20歳前後の年齢に相当することから、転じて「おとな馬」と呼ぶこともある。 なおばんえい競走においては5歳以上を古馬とする扱 (...)


コメントコメント

コメントを残す

リンクを取得 📱

Email us